ホーム > お知らせ > 第5回移住者交流会を実施しました!

お知らせ

第5回移住者交流会を実施しました!

 平成28年3月5日(日)、春を感じる陽気の中、「白嶽森林公園へ行こう!」と銘打った上天草市セカンドライフ支援ネットワーク(*1)主催の移住者交流会が開催されました。

 この交流会は、上天草市へ移住された皆様が、移住者間での親睦を深めていただくことを目的に開催し、5回目となる今回は過去最多となる36名の皆さまにご参加いただきました。

集合写真.JPG

 「白嶽森林公園」(*2)は姫戸町にある、「白嶽(しらたけ)」山頂を中心に約50ヘクタールの広さを持つ自然公園です。観海アルプスと呼ばれる、高舞登山(たかぶとやま)~龍ヶ岳を縦走する九州自然歩道23kmのほぼ中間点にあり、標高373mの白嶽を中心に海、山、滝、湿地、巨石遺跡など多彩な景色が楽しめます。4月中旬頃には「アマクサミツバツツジ」が見頃となり、週末になると多くの見物客で賑わいをみせますが、この時期はキャンプ場もオフシーズンでのんびりと散策ができ、寒さも和らぐこの季節は、散策にはもってこいです。

 当日は市役所の大矢野庁舎と松島庁舎で集合し、現地集合の方以外は揃ってバスで向かいました。登山が趣味という方もいれば、アウトドアには無縁で山頂まで登れるのか少し不安だという方、ご夫婦一緒に参加の方もいればおひとりで参加の方、小さなお子様連れで参加という方、移住歴が長く知り合いが多い方もいれば、今回初めての交流会参加でドキドキ顔の方など、様々な方にご参加いただきました。我々スタッフも参加者の皆さんと散策できるのをとても楽しみにしていましたので、皆さんにも喜んでもらえるといいな~と、ワクワク、ドキドキです。

 今回のコースは、高地湿原を通る遊歩道をのんびり散策。「不動の滝」を見てから、「矢岳神社」、太鼓道を抜けて、巨石遺跡群のドルメンで集合写真を撮影。ここから白嶽山頂を目指し、「矢岳」を経由してスタート地点の管理棟へ戻るという見どころ満載コースです。ガイドは長年、白嶽森林公園の管理人を務められていた、姫戸町の橋本英治さんにお願いし、いよいよスタートです。

白嶽2.JPG
スタッフとガイドの橋本さんを紹介し、身支度を整えていよいよ出発です。スタート直後は遊歩道を利用して湿地帯を抜けていきます。







白嶽3.JPG
湿地帯の遊歩道を歩き始めると足裏に感じる土の柔らかい感蝕が気持ち良いです。もう少し暖かくなると湿地帯ではメダカなどの姿も見えるそうで、そんな話を聞いていると目に見えない生物の息吹を感じてきます。






白嶽5.JPG 白嶽4.JPG

 一年を通して流れているという湧き水のせせらぎの音を聞きながら、橋本さんからの「ウラジロ」や「ヒモヅル」などの説明に耳を傾けると、周りから"このウラジロって鏡餅の下に敷く葉っぱのことなの?" "ヒモヅルがツツジに巻き付いてる!"と小さな発見に笑顔が出ています。

 ひらけていた湿地帯から徐々に山深くなってくると、今度は遠くで滝の流れ落ちる音が聞こえてきました。不動の滝です。少し足元の悪い場所ですが皆さん助け合って滝口まで下りていきました。

白嶽7.JPG 白嶽9.JPG


白嶽8.JPG
湿地と滝が隣接する珍しいロケーションで、白嶽には大小合わせて約25ほどの滝があるそうです。

不動の滝は遊歩道が整備されているので比較的容易に訪れることができてお勧めです。














白嶽11.JPG矢岳神社を抜けると、太鼓道が楽しめます。地面の下が空洞になっているので、強く足踏みして通ると太鼓のような音が響きます。子供に戻った気持ちでジャンプジャンプジャンプ!







白嶽12.JPG 白嶽13.JPG

2か所の太鼓道を通り、間もなくすると矢岳巨石群遺跡に到着です。皆さん、世界最大級とも言われているドルメンに驚きながら中にもぐったり、上まで登ったりと楽しそうにされていました。

白嶽14.JPG 白嶽15.JPG

ここから先、少々難所が続きます。200段はありそうな階段を上っていきます。アップダウンが続く中、マイペースに散策をしていきます。

白嶽16.JPG 白嶽17.JPG

「おおーーーい!」と下から呼びかけると、山の上から「おおーーーい!」と声が戻ってくるのも楽しいですね。 


白嶽19.JPG山頂です!

白嶽山頂からの360度パノラマは歩いてきた人だけがもらえるご褒美です。天草の島々や天草五橋はもちろん、鹿児島や長崎まで見渡せます。ガイドの橋本さんから山の名前や島の名前を教えてもらいながら、皆さん、その絶景に感激されていました。











白嶽20.JPGあの山をずーっと歩いてきたんですね。頑張りました!









 約1時間半の散策で気持ちの良い汗をかいた後は、あまづら会(*3)の皆さんに用意していただいた昼食です。ふるまっていただいた暖かい豚汁に茶飯弁当、そしてデザートのかんちょ餅に、お腹を空かせた皆さんは大喜び。「美味しいですかー?」と呼びかけると笑顔で「美味しいでーす!!!」と大きな声が返ってきました。

白嶽21.JPG 白嶽22.JPG 

 バスや散策の道中で、参加者同士はすっかり打ち解けた様子で話しは尽きません。美味しいお弁当に舌鼓を打ちながら、それぞれの会話に花を咲かせて交流を深めていました。

 帰りはセカンドライフ支援ネットワーク会員の方から、ご自身が教良木地区で作られているお米を手渡ししていただき、参加者の皆さんも予期せぬお土産にとても嬉しそうでした!


*1:上天草市セカンドライフ支援ネットワーク
上天草市への移住者有志で構成される団体で、移住希望者への相談対応や都市部で開催される移住フェアなどへのブースを出展しています。

*2:白嶽森林公園
上天草市姫戸町姫浦5395-2(☎0964-58-3821)
天草観海アルプスのランドマーク的存在である白嶽(標高373m)の中腹にある「白嶽森林キャンプ場」を起点に、ヒモヅルやミズゴケなどの植物、世界最小級のトンボまで生息する日本でも珍しい、湿地帯を歩ける散策コースがある。山頂からは八代海を眺めることができ、眼下に広がる藍色の海の美しさは格別。散策ルート沿いには神社や巨石群、強く足踏みすると太鼓の音がする「太鼓道」や滝などが点在し、見どころ満載。

*3:あまづら会
教良木地区の生産加工グループ。加工所の近くにある「金性寺」では精進料理のふるまいをしており、代表の立花さんの作る郷土料理はファンも多く、上天草市内のイベントでは引っ張りだこです。昨年度の移住者交流会でもお世話になりました。